甲状腺の病気はストレス解消や食事、禁煙生活が鍵!検査も大切

ホーム > コラム > 甲状腺の病気はストレス解消や食事、禁煙生活が鍵!検査も大切

甲状腺の病気はストレス解消や食事、禁煙生活が鍵!検査も大切

体の不調を感じた際、そして症状を実感していなくても甲状腺の病気にかかっていることも珍しくありません。
この甲状腺の病気は多種多様なものがあり、検査をすることでわかります。
様々な原因で発症しますが、日常生活が原因で起こることもあり、食事やストレスに気をつけ、また禁煙を心がけることも大切です。


タバコが与える悪影響



タバコは体にとって悪な存在として知られ、特に海外では注意喚起が日本以上に行われています。
肺癌をはじめとする癌、脳卒中や肺炎、胃潰瘍、動脈硬化などありとあらゆる病気の原因となり禁煙が推奨されています。
これらの病気の他にも甲状腺に関する病気のリスクを高めることがわかっています。
実際にタバコを吸っている人はバセドウ病などになりやすいと言われていますし、甲状腺が肥大しやすくなっています。
喫煙している本人のみならず、喫煙者から生まれた子供も影響を受けるため、大きな注意が必要です。


甲状腺に関する代表的な病気と言えるバセドウ病の治療で用いられるステロイド治療などは喫煙者は禁煙者に比べて効果が低いケースがあります。
甲状腺薬への影響もありますし、タバコを吸っている人のバセドウ病患者の場合は眼球突出になりやすい傾向にあります。
タバコが与える影響は決して少なくはありませんので、甲状腺にかかわらず様々な病気予防や治療効果を高めるためにも禁煙を心がけたいです。

ただ簡単に禁煙できるものではありませんし、無理に行えばストレスが急激に高まる恐れもあるので、禁煙外来などを利用して自分のペースで禁煙を進めてはいかがでしょうか。
生活を変えることはとても難しく、同時に食事の工夫や身体の検査も行ってください。


ストレスを理解して抑えることが大切



現代に生きる人たちは知らないうちに多くのストレスを抱えていて、それが病気の引き金になることもあり、検査を受けると病気だったということもあります。
仕事でのストレスはもちろんのことプライベートな時間に発生するストレスにも注意しなくてはならず、食事や趣味に気を遣い発散させることもとても大切です。

各種病気の原因となるストレスですが、甲状腺の病気でもあるバセドウ病もこれが大きな原因と言われています。
自分で実感していても実感できていなくても免疫に関する部分に悪影響を与えてしまい自己免疫が引き起こされてしまいます。
発症の原因となるだけでなくストレスがあると治療の際の効果にも悪影響を与えることがわかっており、可能な限り注意して健康的な精神状態を保ちたいです。

ストレスの原因は人それぞれ異なり、不規則な食事や嫌な仕事などが原因となるケースもあれば、思いがけない理由が隠れている可能性もあります。
しっかりと見極めて解消に努めることができれば予防にもつながりますので、食事などに気をつけると共に生活全般を改善していきましょう。
自分ならではの発散方法が見つかれば効率的にストレス解消が図れ、より良い精神状態を保て、また生活の質が向上して毎日気分よく過ごせます。

多くの人たちが自分のストレスに無頓着でしっかりと理解していないため、まずは自らの精神状態に向き合い必要に応じて適切な対処をし、さらに禁煙を実現させたいです。


食事で行う甲状腺の病気対策



健康を作る最も大切な要素は食事だと言われていて、これを怠ると健康状態が損なわれて病気になる可能性が高まります。
甲状腺に関する病気も例外ではなく、理想的ではない食生活が甲状腺の病気の原因となることもあります。
バセドウ病などは各種生活習慣の乱れが原因で起こることも判明しています。

甲状腺に良いと言われている食べ物にはマッシュルームやニンニク、海鮮類、卵などが挙げられます。
またチアミンを含んでいる牛乳も良いと言われています。
マッシュルームなどに含まれるセレンは甲状腺のカルシウム吸収量の調整に役立ちます。

それに対して大豆を原料としている食べ物やアブラナ科の野菜、ピーナッツなどにはゴイトロゲンが入っているので気を付けましょう。

基本的に1日3度の食事を摂取し、それを毎日毎日続けるわけなので、日々の積み重ねによって体の状態は大きく変化してしまいます。
健康にプラスの食事を意識すれば健康的になりやすいですが、何も気を付けていないと甲状腺に関する病気やそれ以外の疾患にかかる可能性が増大するでしょう。
食事にだけ気を付けていれば良いわけではなく、ストレスがたまりにくい生活の実現や禁煙生活の実現も行うことが重要で、定期的な検査も不可欠です。


甲状腺の病気は身近な存在になりつつあり、理想的でない食事やタバコ、.ストレスが原因になるケースも見られます。
違和感を覚えた際やそうでない場合にも検査を受けて病気のチェックを行い、禁煙生活やより良い食事の実現を行いましょう。
例えば喫煙している場合やストレスを感じている場合にはバセドウ病にかかりやすいですし、治療効果も期待しづらくなります。
急に大々的に生活リズムを変えることは難しいのですが、まずは自らの日常生活を見直してみるところから始めてみましょう。

【当院の御予約はこちらから】〒162-0054 東京都新宿区河田町10-7グリーンヒルズ河田町3F 0120-23-5000 インターネットからの御予約

甲状腺について

  1. 正常な甲状腺とは >>
  2. 甲状腺のホルモンが
    多すぎる時の病気 >>
    • バセドウ病
    • 無痛性甲状腺炎
    • 亜急性甲状腺炎
  3. 甲状腺のホルモンが
    少なすぎる時の病気 >>
    • 橋本病
  4. 甲状腺の癌(がん)について >>
    • 腺腫様甲状腺腫
    • 甲状腺濾胞腺腫
    • 甲状腺乳頭癌(がん)
  5. 甲状腺疾患と妊娠・授乳
    そして遺伝について >>
  6. 副甲状腺のホルモンと
    骨粗鬆症 >>

アクセス

詳細へ

  • 甲状腺内科
  • 内分泌代謝内科
  • 内科

診療時間

詳細へ

御予約のない方は診察終了30分前までにお越しください。

アクセス

詳細へ

〒162-0054
東京都新宿区河田町10-7
グリーンヒルズ河田町3F

お問い合わせ

0120-23-5000

お問い合わせ

甲状腺のホルモンが少なすぎる時の病気 | 甲状腺のクリニック 若松河田