甲状腺疾患にかかってしまった場合の妊娠への影響

ホーム > コラム > 甲状腺疾患にかかってしまった場合の妊娠への影響

甲状腺疾患にかかってしまった場合の妊娠への影響

甲状腺疾患と妊娠の関係


甲状腺疾患は胎児にどのような影響を与えるのでしょうか。例えば、バセドウ病になっている人は、甲状腺ホルモンが多い状態になっています。そのまま治療をせずに妊娠をしてしまうと、甲状腺機能亢進症が続いてしまいます。その結果として流産や早産になったり、妊娠中毒症になってしまう可能性が高まるとされています。そのため、しっかりと治療を受けることをお勧め致します。また、バセドウ病が母体に与える影響は妊娠が進むにつれてその症状が落ち着いていくため、薬の量を減らすことができます。しかし、出産をしたあとには再び悪化してしまうことが考えられます。
このように甲状腺ホルモンが多い状態が続くと母体の経過に影響を与えてしまうため、しっかりと治療することが大切です。また、治療薬によって母体に影響を与えるという証拠はありませんがホルモンが多い状態が続くほうが問題があるとされています。そのため、しっかりと薬を使うことをお勧めします。。自分の判断で薬を止めたり、薬の量を控えたりすることはあまり良くないでしょう。。きちんと医師に指示された通りの量を守るようにしましょう。
次に、橋本病という甲状腺疾患があります。この病気は甲状腺ホルモンの分泌量が少なすすぎることによって引き起こされます。橋本病が母体の経過に影響を与えることはほとんどないでしょう。しかし、母体には甲状腺ホルモンの量がより多く必要となるため、薬の量は調整する必要があります。
いずれにしても、母体は甲状腺の機能が正常になるように適切な治療を受けることをお勧め致します。甲状腺疾患を抱えている方が子供ができた場合には、そのことについてしっかりと医師に相談をしましょう。また、専門医の意見もしっかりと聞いておきましょう。生まれてくる赤ちゃんのためにも、万全の状態で出産を迎えるべきです。


妊娠時は甲状腺ホルモンが一時的に高くなる


甲状腺疾患にかかっていなかったとしても、妊娠中に甲状腺ホルモンが高くなることがあります。妊娠中は胎盤からホルモンが分泌されます。これに影響されて一時的に体内の甲状腺ホルモンが高くなることがあるのです。多くの場合は特別に治療をしなかったとしても、ホルモンの値は次第に落ち着いていきます。一方、子供ができる前からバセドウ病にかかっており、それに気がついていなかったというケースもありますが、この場合は治療が必要になることがあります。
子供ができると、胎盤から人繊毛症ゴナドトロピンというホルモンが出ることによって、妊娠期一過性甲状腺機能亢進症というものにかかってしまうことがあります。しかし、バセドウ病と区別する必要があるため、しっかりと診断をすることをお勧め致します。そして、医師に治療が必要かどうかを判断していただきましょう。治療が必要な場合には、抗甲状腺薬を服用することになります。これによって甲状腺ホルモンの値を低くします。高い状態のまま放置してしまうと流産してしまう危険性があり、生まれてくる子供にまで影響を与えてしまう可能性もあります。できるだけ早く、甲状腺の機能が正常な状態に戻ることが大切です。
薬の選択については、医師ができるだけ子供に影響を与えないようなものを選択してくれるケースもあります。そのため、安心して内服薬を利用することができます。一般的に妊娠中には薬の服用を避けるべきとされているのですが、バセドウ病の場合は例外となります。この場合は薬を使うことが、むしろ胎児にとっても利益のあることとされているのです。


子供への影響について


甲状腺疾患の子供への影響が気になる方がいるかもしれません。特に自分が甲状腺疾患になっていて、それが遺伝する可能性があるのではないかと気になっている方は多いでしょう。まず、遺伝の可能性については極まれにではあるのですが存在します。完全に遺伝の関与を否定することはできません。ただし、親がバセドウ病にかかっていて、その子供も同様にバセドウ病になる可能性というのは女の子の場合で5%程度、男の子の場合は1%程度となっています。また、遺伝により発生してしまう甲状腺がんも存在するのですが、そちらも全体のごく一部となっています。そのため、遺伝の関与を完全に否定することはできないのですが、基本的には過度に心配する必要はないでしょう。甲状腺疾患というのは、遺伝が1つの要因となることはあるのですが、それに加えて環境要因も関わるからです。
現在、甲状腺疾患にかかっている方が妊娠をすることは可能です。きちんと薬を飲むことによって子供に影響が出てしまうことはなくなるでしょう。また、出産をしてから薬を継続して飲みながら授乳をすることもできます。ただし、出産後に甲状腺機能異常症になってしまう方が多いため注意しましょう。もし出産したあとに何らかの症状が出た場合にはすぐにクリニックを受診する必要があります。適切な検査を受けて、きちんと治療をしてもらうことをお勧め致します。
甲状腺の病気については、特に女性がなりやすいとされています。そのため、子供を産む際には気になってしまう方が多いのですが、医師の診断を受けて、適切な指示を受けているのであれば、それほど心配しなくても良いのです。

【当院の御予約はこちらから】〒162-0054 東京都新宿区河田町10-7グリーンヒルズ河田町3F 0120-23-5000 インターネットからの御予約

甲状腺について

  1. 正常な甲状腺とは >>
  2. 甲状腺のホルモンが
    多すぎる時の病気 >>
    • バセドウ病
    • 無痛性甲状腺炎
    • 亜急性甲状腺炎
  3. 甲状腺のホルモンが
    少なすぎる時の病気 >>
    • 橋本病
  4. 甲状腺の癌(がん)について >>
    • 腺腫様甲状腺腫
    • 甲状腺濾胞腺腫
    • 甲状腺乳頭癌(がん)
  5. 甲状腺疾患と妊娠・授乳
    そして遺伝について >>
  6. 副甲状腺のホルモンと
    骨粗鬆症 >>

アクセス

詳細へ

  • 甲状腺内科
  • 内分泌代謝内科
  • 内科

診療時間

詳細へ

御予約のない方は診察終了30分前までにお越しください。

アクセス

詳細へ

〒162-0054
東京都新宿区河田町10-7
グリーンヒルズ河田町3F

お問い合わせ

0120-23-5000

お問い合わせ

甲状腺のホルモンが少なすぎる時の病気 | 甲状腺のクリニック 若松河田