謎の不調は甲状腺が原因?ストレスをためないための4つの生活習慣

ホーム > コラム > 謎の不調は甲状腺が原因?ストレスをためないための4つの生活習慣

謎の不調は甲状腺が原因?ストレスをためないための4つの生活習慣

最近、風邪でもないのに体の不調を感じるようになったという方は、甲状腺ホルモンが原因となっている可能性があります。
甲状腺ホルモンの病気にはバセドウ病や無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、橋本病などが挙げられますが、これらは自己免疫疾患とも呼ばれ、ストレスが大きな要因とされています。
ストレスをためないために、お風呂、呼吸、食事、電磁波などの生活習慣を見直してみましょう。
こちらで具体的にご紹介します。


最近、風邪でもないのに体の不調を感じるようになったという方は、甲状腺ホルモンが原因となっている可能性があります。

甲状腺ホルモンの病気には「バセドウ病」や「無痛性甲状腺炎」、「亜急性甲状腺炎」、「橋本病」などが挙げられます。

甲状腺ホルモンの分泌が過剰になる「バセドウ病」は、疲労感や多汗、手足の震え、動悸、イライラ、下痢などの不調が主な症状となって現れます。

反対に甲状腺ホルモンの分泌が低下する「橋本病」では、疲労感や冷え、無気力、便秘などの症状が現れます。

これらの病気はストレスを要因とする自己免疫疾患であることから、ストレスをためない生活習慣を送ることが予防、治療において大切となります。


1.お風呂でリラックスしながら新陳代謝を高める



お風呂に入るという行為には、全身に付着した汚れや汗などを洗い流すだけではなく、体を温めたりリラックスしたりする効果が期待できます。

特に、40℃前後のぬるめのお湯に入浴すると副交感神経が優位になり、よりリラックスできると言われています。

就寝前にゆっくりと入浴すれば、体温が下がると同時に入眠しやすくなるというメリットも。
睡眠不足もストレスの一因ですから、なかなか寝付けない方はシャワーではなく湯船につかると良いでしょう。

また、お風呂には新陳代謝を高める効果もあります。

甲状腺の機能が低下する橋本病においては、新陳代謝を活性化するという意味でも入浴は効果的です。

一方、甲状腺の機能が活発になるバセドウ病においては、熱いお湯に長時間浸かることは避けた方がよいでしょう。


・2.深い呼吸を行うことで体内に酸素を取り込む



過剰なストレスを感じると呼吸が浅くなり、生命維持に必要な酸素が全身に行き渡らなくなってしまいます。
酸素が不足した体や脳は自律神経のバランスを乱してしまうため、体の免疫機能が低下し、病気にかかりやすくなってしまうという悪循環を招きます。

体が酸素不足にならないためには、深い呼吸を行うことが大切です。

私たちが無意識のうちに行っているのは「胸式呼吸」と呼ばれる浅い呼吸ですが、この呼吸法は酸素を少量しか取りこめず、交感神経を刺激すると考えられています。

一方、深い呼吸は「腹式呼吸」と呼ばれています。
腹式呼吸は鼻から息を吸い込み腹部を膨らませ、息を吐くときに腹部をへこませる呼吸法。
胸式呼吸よりも多量の酸素を取り込めるため、副交感神経を優位にしやすくなります。

緊張しているときに大きく息を吸うことで気持ちが落ち着くというのは、不足した酸素を補給することができているからです。

就寝前や疲労を感じたときなど、リラックスしたいときには意識的に深い呼吸を行うようにしましょう。


3.自然食を活用しバランスの良い食事を心がける



ストレスと食事には大きな関係性があります。

例えば、カルシウムには脳神経の興奮を抑える働きがあるとされており、「カルシウム不足はイライラの元」と言われたりしますね。
ビタミンCも免疫機能を高めると言われており、風邪をひいたときにビタミンCを勧められたことがある方もいるのではないでしょうか。

これらを含めたさまざまな栄養素をバランスよく摂取するのが理想的な食生活。

現代人は忙しく、コンビニ弁当やインスタント食品、外食などで済ませてしまう人も多いですが、こういった食事を続けると栄養が偏ってしまいます。

日常のストレスを緩和させる「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンの分泌はバランスの良い食事から行われます。

バランスの良い食事のためには、自然食の活用がおすすめ。
自然食は化学肥料や農薬をできる限り控えた食物、遺伝子組み換え技術、動物へのホルモン剤などを使用していない食材などを指します。
安心、かつ効率よく体内に栄養素を取りこむことができるため、特に体調を崩しやすい方には最適な食事です。


4.電磁波デトックスでストレスを回避する



パソコンやスマートフォンなどが普及している現代では、長時間電磁波にさらされている方も少なくありません。
電磁波は刺激作用や熱作用などにより、私たちにストレスを与えると言われています。

電磁波が原因となり、めまいや吐き気、疲労感、うつなどが発生する症状もあり、「電磁波過敏症」と名前がつけられています。

電磁波過敏症は電磁波の強弱に関わらず現れる症状。
「電磁波によって健康被害を受ける」と考えることがストレスとなって起きる場合もあります。

電磁波によるストレスを受けないためには、体内に蓄積された電磁波を取り除く=デトックスすることが大切です。
方法は簡単。
裸足で土の上を歩いたり手で地面に触れたりすることで放電しましょう。
パソコンやスマートフォンを使用した後に習慣として行うと良いです。

また、普段から電磁波を体内に溜めない工夫も大切です。


*電化製品を使用しないときは電源を切りコンセントを抜いておく
*電磁波カットのアイテムを身に付ける

こうしたささいな習慣がストレスから回避する有効な方法として挙げられます。

【当院の御予約はこちらから】〒162-0054 東京都新宿区河田町10-7グリーンヒルズ河田町3F 0120-23-5000 インターネットからの御予約

甲状腺について

  1. 正常な甲状腺とは >>
  2. 甲状腺のホルモンが
    多すぎる時の病気 >>
    • バセドウ病
    • 無痛性甲状腺炎
    • 亜急性甲状腺炎
  3. 甲状腺のホルモンが
    少なすぎる時の病気 >>
    • 橋本病
  4. 甲状腺の癌(がん)について >>
    • 腺腫様甲状腺腫
    • 甲状腺濾胞腺腫
    • 甲状腺乳頭癌(がん)
  5. 甲状腺疾患と妊娠・授乳
    そして遺伝について >>
  6. 副甲状腺のホルモンと
    骨粗鬆症 >>

アクセス

詳細へ

  • 甲状腺内科
  • 内分泌代謝内科
  • 内科

診療時間

詳細へ

御予約のない方は診察終了30分前までにお越しください。

アクセス

詳細へ

〒162-0054
東京都新宿区河田町10-7
グリーンヒルズ河田町3F

お問い合わせ

0120-23-5000

お問い合わせ

甲状腺のホルモンが少なすぎる時の病気 | 甲状腺のクリニック 若松河田